超簡単!砥石台の作り方

DIY

みなさん、こんにちは。山本です、男なら一度は「包丁研ぎ」にあこがれたことはありませんか?
世の中には包丁やのみを研ぐのが楽しくなっちゃうほど砥石の種類があります、また「砥石台」も欠かせないアイテムの一つです。

砥石はかなり種類がありますが「砥石台」はゴム製のモノが主流で少々高額で販売されていることが多いです、Amazonだと4000円するモノもあります。
なので僕は「自分でつくったら安上がりだな」と思いホームセンターで売られている木材を使って実際に砥石台を作ってみました。

(ヒノキで作った砥石台

今回の記事は、
・どうやって砥石台をつくるの?
・製作費用・時間はどのくらい?
・そもそも水に当てて大丈夫なの?
・砥石台の管理方法は?

という疑問を解決していきます。

砥石台の材料

ホームセンターで購入するもの

・60×60cmのヒノキ角材(長さ35cmが二個)
・M8×150のユニクロ六角ボルト

・M8の蝶ナット

準備しておきたいモノ、工具

・インパクトドライバー
・M9のドリルビット
・毛引き
・クランプ
・各種ビス

作業手順

まずは下処理から

ホームセンターでカットしてもらったヒノキ角材をサンダ#120・#240で仕上げていきます、その後トリマーで両端の面を取っていきまたサンダで仕上げます。
(本来なら手押しカンナで直角を出したいので持っている方はカンナで直角を出してください。)

(下処理完了!)

垂直に穴を開ける

次にボルトを通す穴を開けていくので毛引きで両サイド同じ場所に印をつけてドリルビットで垂直に穴を開けます。

卓上ボール盤を使わずに垂直に穴を開ける方法➡https://youtu.be/19vyQIqKfK4

木工ボンドで固定する

下の画像のように固定していきます、最終的にビスで固定しますがボンドを使えば耐久性も上がります。締め付けるように固定していきましょう。

完成後

完成したら「くるみ油」を塗装しましょう、これでさらに水をはじきます。

まとめ

ヒノキはもともと水に強いので問題はありませんが油を塗装することにより耐水性がアップします、また定期的に油を塗れば長持ちしますのでメンテナンスは大切です。
この砥石台の作り方はYouTubeに動画をアップしてらっしゃる林久さんから教えていただきました、みなさんもぜひ作ってみてください。
それではまた!

林久さんのチャンネル➡
https://www.youtube.com/channel/UCdW1HrIvtKohdcYbzfvOcAg/featured

山本のチャンネル➡
https://www.youtube.com/channel/UCJUUs-hCBbdr-cdXp_I1cLw?view_as=subscriber

コメント

タイトルとURLをコピーしました